プルエストとビーグレン クレイウォッシュを比較してわかったことを紹介!

肌をうるおしながら汚れを落とす洗顔料「プルエスト」と、汚れだけを吸着して洗い流す洗顔料「ビーグレンクレイウォッシュ」。

どちらも泡立たないのが特徴ですが、この2つの商品の違いを調べるために価格やユーザー評価、そして気になる主成分について比較してみました。

プルエストとビーグレンクレイウォッシュの比較早見表

では、プルエストとビーグレンクレイウォッシュの比較表です。

  プルエスト クレイウォッシュ
金額(税別) 2,800円 3,900円
送料・手数料 無料 無料
容量 120ml 150ml
特徴 保湿洗顔ジェリー 泡立たない吸着洗顔
主要成分 マンナンジェリー モンモリロナイト
定期縛り なし なし
返金保証制度 あり あり
アットコスメの点数 5.5 5.4

やはり一番気になるのは、価格の違いです。ビーグレンクレイウォッシュは、プルエストより1,100円も高い3,900円です。1年で1万円以上の差は、ものすごく大きいです。長く続けることを考えると、プルエストのほうが気軽に使えますね。

容量はビーグレンクレイウォッシュのほうが少し多めですが、実はビーグレンクレイウォッシュのほうが1回に使う量が少し多目です。プルエストもビーグレンクレイウォッシュも一つで約1ヶ月分なので、量に関しては差がないとみていいでしょう。

アットコスメの点数は、プルエストのほうがごくわずかに高いですが、ほとんど差はありません。使いやすさや肌へのやさしさは、どちらも満足度が高いようです。

プルエストとビーグレンはいったいどう違うの?

プルエストとビーグレンクレイウォッシュの一番大きな違いは、その主成分です。

プルエストは赤ちゃん肌にも使える成分に注目

プルエストの主成分「マンナンジェリー」は、こんにゃくいも由来の100%天然素材です。この粒子は、赤ちゃん用のスポンジにも使われる成分です。水を含むと柔らかくなり、肌をいたわりながらやさしく洗い上げます。また、マンナンスクラブのマッサージ効果で血行が良くなり、保湿剤の浸透力もアップします。

肌へのやさしさは主成分だけではありません。防腐剤を含む添加物は一切使用しておらず、アレルギーテストによる安全性も確認されています。

これだけ肌に思いやりのある処方なのに、1本2,800円。安全で低価格のプルエストは、毎日気軽に使える洗顔料といえます。

ビーグレンは汚れだけを吸収する整肌成分に注目

ビーグレンクレイウォッシュの主成分は「モンモリロナイト」という天然クレイです。余分な皮脂や古い角質など汚れだけを吸着し、しっとりとなめらかに洗い上げます。

しかし、その洗浄効果が裏目に出ることも。実はビーグレンクレイウォッシュは、使い始めにニキビができることがあるのです。これは、毛穴の奥の汚れや酸化した皮脂が排出されることが原因で起こるもので、ケアを続ければ落ち着いてきます。しかし、無用な肌トラブルはできれば避けたいもの。

その点も含め、ビーグレンクレイウォッシュはプルエストより少し使いにくいと感じる人が多いようです。

 

プルエストを使ってみた体験談は、こちらの記事を見てみてください。

【プルエストの口コミ】14人総まとめ!3か月使った効果も写真付きで発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: